愛知海運採用サイト > 先輩紹介 塩脇 亜理沙(名古屋カンパニー オペレーションチーム 流通センター)

目の前で見た貨物に生活の中で触れる時
自分の仕事が社会を支えていることを誇りに思います。

名古屋カンパニー オペレーションチーム 流通センター
塩脇 亜理沙 (2019年 入社 / 倉庫管理)

社会貢献度の高い物流業、その中でもスケールの大きな貨物で日本と海外をつなぐ海運業界に興味を持つ。その中でも、地元愛知を大切にして、グローバルに物流を展開する愛知海運に魅力を感じ入社を決める。また、説明会から面接・採用に至るまで、関わった人事担当者や先輩社員同士のやり取りから仲の良さ・アットホームさを感じたことも大きな理由。

現在の仕事内容を教えてください。

ざっくりいうと現場での作業の段取りを組んで、作業員への指示・監督を行っています。
ですが、まだまだわからないことが多いので、事務所の諸先輩方や作業員の方々から色々教えていただきながら、毎日「昨日よりできることを増やす」ことを意識して業務に臨んでいます。
作業の調整は基本的には営業部署を介して行いますが、直接お客様とやり取りをすることもあるので、
「愛知海運の塩脇」としての自分も忘れないように意識しています。

仕事のやりがいはココ!

1つ目は、生活の中で、関わった貨物や企業に接したとき。自分の生活に関わっていることを実感できると、すごく誇らしい気持ちになります。
2つ目は、上司や先輩から「〇〇良かったよ」と褒めてもらえたとき。社員同士の距離が近いアットホームな雰囲気があり、些細な成長もしっかり見ていただけて、声をかけていただけます。
日々のモチベーションにも直結しており、さらに成長できるように頑張ろうと思えます。
3つ目は、ミスなく1日を終えたとき。イレギュラーが多発するので、「いつも通り」が通用しない場面が頻発します。
焦ってミスをしてしまいそうになりますが、落ち着いてミスなく乗り越えられたときに、
自分の成長を感じられ、経験の大切さを感じます。

これからの目標を教えてください。

経験を積んで、臨機応変に対応できる力をつけることです。
今の現場で得られる知識をしっかり身につけ、異動した先でも活かせるように習得していきたいです。
そのためにも「昨日よりできることを増やす」ことを意識して、これからも日々の業務に臨んでいきたいです。

愛知海運の好きなところはどこですか。

大きすぎない規模感なので、新入社員のときに名前を覚えていただけるところです。
業務であまり関わりのない部署の先輩方からも声をかけていただけるのはとても嬉しく、
「この会社で頑張ろう」と思えるポイントでした。
また、女性でも現場業務に携わらせていただけるところも会社の好きなポイントです。
やはり、体力・体格といった面で男性向きな部分もありますが、
それでも積極的に女性を現場へ登用していることが業界の中では珍しいと思います。


前へ
次へ

このページのTOPへ

AICHI KAIUN CO.,Ltd. All Rights Reserved.