愛知海運採用サイト > 先輩紹介 亀村 恵子(名古屋カンパニー 通関チーム 通関士)

産休・育休を2度取得。
仕事と子育てとの両立も応援してくれるから、おかげで今、仕事が楽しいです。

名古屋カンパニー 通関チーム 通関士
亀村 恵子 (2003年 入社 / エリア事務職)

就職活動時、航空会社や海運会社などを受けるも、就職難の時代で思うような結果の出ない日々が続く。実は愛知海運も一度、3次面接で不合格に。「何か武器がいる」と痛感し就職活動を中断。その年の11月に行われる通関士の試験に向けて猛勉強を開始し、合格率一桁と言われるその試験にストレート合格。就職活動を再開し、通関士として働けそうな会社を総あたりしたところ、「ちょうど通関士の空きが出た」と愛知海運で再面接が叶い、入社。2度の産休・育休を取得。現在は時短勤務で2児の子育てと仕事を両立。

現在の仕事内容を教えてください。

お客様に代わって輸出入に関する税関の申請を行うのが通関士の仕事です。
たとえば、輸入であれば「関税」を納める必要があるため、「税番」と呼ばれるモノごとに割り振られた番号を厚さ15センチくらいある本から調べ、税関に申請を出します。また、お客様が輸出したいとおっしゃる貨物が法に触れないか調べ、申告するのも大切な仕事のひとつです。

仕事のやりがいはココ!

自分の知識が増えれば増えるほど、仕事のスピードが上がっていくのがおもしろいですね。
通関士の仕事には関税に関する法律のほか、輸出入の許可・承認が定められたたくさんの法律の知識が必要となるのですが、貨物内容をパッと見ただけで「○○法○条○項に該当するからOK」と瞬時にわかったりすると「お、やるな自分」という気持ちになります。
愛知海運は重機や工作機械を輸出で取り扱うことが多く、関連する法律にはやたら詳しくなりました。

これからの目標を教えてください。

通関士以外の資格に挑戦したいですね。たとえば、貿易実務検定。
これは、どちらかといえばお客様側の業務に必要なものなのですが、もし自分がわかっていれば先回りした提案やアドバイスができるかもしれませんから。
時短勤務だからこそ、いろいろ挑戦したくなるんですよね。
「時短だからこれだけしかできない」とか、悔しいじゃないですか。あ、私負けず嫌いですね。

愛知海運の好きなところはどこですか。

結婚して子どものいる社員も多く、社内報でお子さんの生まれた社員を紹介するなど、
仕事と子育ての両立に理解があるところがありがたいですね。
私が2度、産休・育休を取ったことが何よりの証拠です。
時短勤務も子どもが小学校3年生になるまで認められたり、家族で参加できるイベントがあるのも
嬉しいです。
おかげで今、仕事が楽しいです。


前へ
次へ

このページのTOPへ

AICHI KAIUN CO.,Ltd. All Rights Reserved.